バスケットボールのディフェンス

バスケットボールのディフェンス

ディフェンスは守りのスキルとしてバスケットボールでは必須になります。
ですのでバスケットボールの練習をする場合も、攻撃面だけでなく守備面(ディフェンス)もしっかりと上達しておくことが大切です。

ディフェンスでまず基本となるのは「姿勢」です。様々な動きに対応出来るディフェンスの姿勢を身に付けましょう。

バスケットボール上達練習法の無料レッスン


バスケットボールでのディフェンスの基本姿勢は、上体を起こし目線を相手に合わせたフォームです。

そして、片方の手を上げて相手のパスやシュートに対応します。もう片方の手は下げて相手のカットインやバウンドパスを阻止します。

さらに、相手の動きに対し即座に対応出来るよう、肩幅程度に足を開いて重心を落とし半身の状態で相手と対峙することがディフェンスの基本の姿勢です。

しかしながら、あまりにも半身の状態になってしまうと、逆に相手の視界が広がり自由に動ける環境を与えてしまいますので注意しましょう。

また、あまり前方に重心をかけすぎる姿勢だと、意表をつく相手の動きに翻弄されやすくなってしまいます。
さらに、目線も足元に向いてしまうため、相手の動きをしっかりとつかむことが困難になるのです。

このようなディフェンスでは実践で役に立ちませんので、練習する際はより実践を想定した形で基本形を習得するようにしましょう。

そしてバスケットボールの実践では、練習時よりも緊張してしまうことでディフェンス力が落ちてしまうことも考えられます。

試合で緊張してしまうのはある程度仕方ないといえますが、ディフェンスに支障をきたすほど緊張していては試合には勝てません。

バスケットボールではリラックスすることが基本でもあり、上達の秘訣ともいわれています。実際そうで、体から緊張を取り除くことで身体がスムースに動くようになり、姿勢も安定してきます。ディフェンスは防衛としての役をこなしますが、ムダな力が入らないようにリラックスしてプレイすることが基本のポイントです。

バスケットボールがさらに達するプロが指導する練習法

バスケットボールのディフェンス関連ページ

ディフェンスの方法
バスケットボールでのディフェンスは相手に抜かれずを阻止することがポイントです。ここではディフェンス力をアップさせる方法について説明します。
シュートチェック
シュートチェックとは、相手のシュートにプレッシャーをかけることです。相手のボールを払ってシュートを邪魔をすることもシュートチェックです。
ディフェンスの距離感
バスケットボールには「タイトディフェンス」と「ルーズディフェンス」という二種類のディフェンス法があります。ディフェンスでは距離感が大事になります。
マークマンへのディフェンス
ボールを持っていないマークマンへのディフェンスも必要です。バスケットボール練習でもマークマンへのディフェンス練習が必要です。
プレッシャーのかけ方
バスケットボールではディフェンスによるプレッシャーは大切です。試合で勝つためにはディフェンスのプレッシャー・テクニックは上達させておく必要があります。