バスケットボール・マークマン

マークマンへのディフェンス

ディフェンスでは、ボールを持っている相手だけでなく、持っていない相手(マークマン)へのディフェンスも必要です。
したがってバスケットボールの練習の際も、直接、攻撃してこない選手(マークマン)のディフェンスを上手にできる練習が必要です。ディフェンスに上達することは、バスケットボールそのものが上手になる秘訣でもあります。

そもそもディフェンスでは、
・ボールを保持している「ボールマン」
・ボールを保持していないマークする相手の「マークマン」
・ゴールの「リング」


この3つが「三角形になる」ような「立ち位置」が理想のディフェンス形になります。

バスケットボールの試合で、この3つが三角形のポジションになっているとき、ボールマンがパスやカットインをしようとしても、マークマンへのディフェンスがしやすくなります。

バスケットボール上達練習法の無料レッスン

ディナイディフェンス

そして、バスケットボールのディフェンス上達を目指す場合は、「ディナイディフェンス」とよばれる方法も練習に取り入れておきましょう。ディナイディフェンスというのは、パスがマークマンへ通らないように手を使って阻止する方法です。

特にボールマンとマークマンの距離が近い場合は、パスが出される可能性が高いですので、ディフェンスはマークマンをマークしてパスを妨害しましょう。

また、上手くディフェンスをするコツは、ボールマンとマークマンから目を離さないようにして、相手の動きを予測しながら、ディフェンスのマークを外されないようにすることです。相手のマークマンもディフェンスをかわそうと必死です。ですから、上手なディフェンスは、マークを外しにかかっても、その行動を予測できます。

ピストルディフェンス

またボールマンとマークマンが離れた位置にいる場合は、「ピストルディフェンス」とよばれる方法が有効です。

ピストルディフェンスというのは、ボールマンとマークマンに対して指差しを行いながら、それぞれの動きを見てディフェンスを行う方法です。

立ち位置などは他のディフェンス方法と同様ですから、バスケットボール練習メニューに組み込んでしっかりと上達させておくようにしましょう。

ディナイディフェンスとピストルディフェンスは、マークマンに対するディフェンス方法として有効ですので、練習を重ねてマスターしましょう。

短期間でバスケットボールが上達するおすすめの練習法

マークマンへのディフェンス関連ページ

バスケットボールのディフェンス
ディフェンスは守りのスキルとしてバスケットボールで重要です。バスケットボール練習の際、ディフェンス上達を目指しましょう。
ディフェンスの方法
バスケットボールでのディフェンスは相手に抜かれずを阻止することがポイントです。ここではディフェンス力をアップさせる方法について説明します。
シュートチェック
シュートチェックとは、相手のシュートにプレッシャーをかけることです。相手のボールを払ってシュートを邪魔をすることもシュートチェックです。
ディフェンスの距離感
バスケットボールには「タイトディフェンス」と「ルーズディフェンス」という二種類のディフェンス法があります。ディフェンスでは距離感が大事になります。
プレッシャーのかけ方
バスケットボールではディフェンスによるプレッシャーは大切です。試合で勝つためにはディフェンスのプレッシャー・テクニックは上達させておく必要があります。